メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

イランのウラン濃縮なぜ問題? 天然鉱石に0.7%含有 90%で核兵器可能に=回答・三木幸治

遠心分離機の並ぶイラン中部のウラン濃縮施設=2008年4月、イラン大統領府サイトより

 なるほドリ イランがウランの濃縮度(のうしゅくど)を高めると宣言したね。どうして問題なの?

 記者 天然のウラン鉱石には、核分裂(かくぶんれつ)して膨大(ぼうだい)なエネルギーを出すウラン235が0・7%含まれています。235の割合を人工的に増やすことを濃縮と呼びます。濃縮度を高めていくと、どんどん大きなエネルギーを出すようになり、90%になると一発で何万人も死ぬ核兵器(かくへいき)も作れるようになるから問題なのです。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです