メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 ストーリー 若き起業家を支える/2019参院選 注目区の情勢ルポ/論点 どうなる米イラン

[PR]

 ◆ストーリー

若き起業家を支える 14日・日曜日 1面、ストーリー面

 6月に京都市に開設した社会起業家育成施設「toberu(トベル)」は、米国在住の起業家、久能祐子(くのうさちこ)さん(64)の呼びかけで作られました。久能さんは日米両国でバイオベンチャーを立ち上げ、成功率が極めて低い創薬の世界で二つの新薬を製品化した実績があります。日米で若き起業家たちの支援に力を入れる久能さんの思いと、終わらない挑戦の原動力に迫ります。

 ◆2019参院選

注目区の情勢ルポ 9日・火曜日から

 参院選(21日投開票)がスタートし、各政党とも全国各地で激戦を繰り広げています。その中でも特に注目を集める選挙区の情勢をルポ形式で描きます。改選数が1増し各党候補者らがひしめき合う東京、統一地方選の「維新旋風」が起きた大阪、野党候補者が競合する福岡、自民党候補者同士がつばぜり合いを繰り広げる広島……。各地の状況を克明に伝えます。

 ◆論点

どうなる米イラン 10日・水曜日 オピニオン面

 イランが国際的な合意に反し、ウラン濃縮レベルの引き上げを発表しました。高濃縮ウランは核兵器の原料に転用できるため、イランの核開発に反対するトランプ米政権が態度を一層硬化させるのは必至。核開発の制限と引き換えに経済制裁を解除されるはずだったイランは、一方的に合意から離脱した米国を厳しく非難しています。緊張はどこへ向かうのでしょうか。


 掲載日や内容は変更することがあります。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです