メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
メディアの風景

2013年参院選 ネット解禁 公平に対話の場用意を=武田徹

 選挙戦たけなわの中、あえて前々回の参院選から論じてみたい。それは2013年春の公職選挙法改正を受けた日本初のネット解禁選挙だった。

 1950年に制定された公職選挙法はビラの枚数まで定める細かさが特徴で、選挙運動に規制が少ない米国と対照的だ。社会学者の西田亮介氏は、その背景に「均質な公平性」を重視するか、「漸進的改良」に期待するかの価値観の相違があると指摘する(「ネット選挙」東洋経済新報社)。

 米国社会が言論表現の自由を尊ぶのは、自由に議論を交わすうちに、よりよい結論に少しずつ(=漸進的に)…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1095文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 家裁送致 放火容疑中学生を窃盗で 地検 /熊本

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです