メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

学校システム崩壊する前に=小学校長・佐藤広明・58

 (東京都青梅市)

 これまでずっと、学校はさまざまなことを抱え込み、学校の仕事として対応してきた。その結果、教員は朝早く出勤してその日の用意をし、昼の休憩時間にあたる時間は給食指導を行い、夕方の形ばかりの休憩時間も書類作成や授業準備、部活動などに充てられ、終業時刻も気にすることなく、仕事を続ける状況が日常になっている。

 ここで働き方改革が問題視され、出退勤システム、校務システム、電話応答システムなどの対策が一気に進ん…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです