メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

イラン・ウラン濃縮度5% 綱渡り外交 欧州の支援求め圧力

記者会見したイラン原子力庁のカマルバンディ報道官(左)ら=イランの首都テヘランで7日、AP

 イランは7日、低濃縮ウランの濃縮度を核合意で定める上限3・67%を超えて上げると発表した。原油輸出再開を目指し、米国の離脱後も合意維持を望む欧州側などに圧力をかける狙いだが、イランが違反を繰り返せば合意そのものが崩壊しかねない。イランのロウハニ大統領とマクロン仏大統領は6日、関係国による協議再開に向けた条件を15日までに検討することで合意しており、この約1週間が正念場となりそうだ。

 「当面の濃縮度は5%だが、将来的には別の原発の燃料用に濃縮度を高めるかもしれない」。イランのタスニ…

この記事は有料記事です。

残り2806文字(全文3049文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです