メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SDGs・持続可能な未来へ

/9 パルシステム 安全な商品、共同開発で提供

昨年3月、国連主催のSDGs関連イベントでスピーチするパルシステム生活協同組合連合会の吉中由紀・副理事長(右、当時)。左は石田敦史・理事長(当時)=同連合会提供

 政府は2017年から、SDGs(持続可能な開発目標)の運動を推進するため、優れた活動を続けている企業、団体に「ジャパンSDGsアワード」を贈っている。その第1回の「SDGs推進副本部長(官房長官)賞」に選ばれたのが、パルシステム生活協同組合連合会(東京都新宿区)だ。

 この年の応募総数は282件。同連合会が評価された取り組みは、農家の自立支援▽女性幹部の登用▽生産者と消費者が産品の安全性を確認する「公開確認会」の開催--など幅広い。

 翌年3月、吉中由紀・副理事長(当時)はドイツ・ボンで開かれた国連主催のSDGs関連行事に招かれた。「私たちの選択は未来を変え得る」とスピーチし、大きな拍手に包まれた。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  2. 橋本五輪相 聖火リレー「体調不良の方は沿道来ないで」 新型肺炎

  3. 「アカデミー賞はどうなってるんだ」トランプ氏、韓国作品の受賞に不満

  4. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  5. WHO「致死率を考慮すると想定内」 クルーズ船2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです