連載

SDGs・持続可能な未来へ

SDGsは、「貧困をなくそう」など世界的な課題解決に向けた目標と「だれも置き去りにしない」社会の実現を掲げる。各分野で進む企業・団体の取り組みを紹介する。

連載一覧

SDGs・持続可能な未来へ

/9 パルシステム 安全な商品、共同開発で提供

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
昨年3月、国連主催のSDGs関連イベントでスピーチするパルシステム生活協同組合連合会の吉中由紀・副理事長(右、当時)。左は石田敦史・理事長(当時)=同連合会提供
昨年3月、国連主催のSDGs関連イベントでスピーチするパルシステム生活協同組合連合会の吉中由紀・副理事長(右、当時)。左は石田敦史・理事長(当時)=同連合会提供

 政府は2017年から、SDGs(持続可能な開発目標)の運動を推進するため、優れた活動を続けている企業、団体に「ジャパンSDGsアワード」を贈っている。その第1回の「SDGs推進副本部長(官房長官)賞」に選ばれたのが、パルシステム生活協同組合連合会(東京都新宿区)だ。

 この年の応募総数は282件。同連合会が評価された取り組みは、農家の自立支援▽女性幹部の登用▽生産者と消費者が産品の安全性を確認する「公開確認会」の開催--など幅広い。

 翌年3月、吉中由紀・副理事長(当時)はドイツ・ボンで開かれた国連主催のSDGs関連行事に招かれた。「私たちの選択は未来を変え得る」とスピーチし、大きな拍手に包まれた。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文787文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集