メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

女性管理職への道/上 「一つ上」目指し意識改革

「もの作りの活気が好きで入社しました」と話すエビスビール記念館館長の大登貴子さん=東京都渋谷区恵比寿で

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 女性の管理職登用が進まない。政府は「指導的地位にある女性を2020年までに30%に」という目標を掲げるが、企業の管理職に占める女性の比率は14・9%(18年)にとどまる。入社数年で男女の管理職志向に差が出るという調査もある。働く女性の背中を押すためには--。

「希望」男性の半分

 「管理職のように上に立つ仕事が嫌なわけではありませんが、仕事も家庭も頑張りたいので、両立を考えると……」。東京都内の会社員の女性(24)は視線を落とす。入社2年目。いつか家庭を持ちたいが、職場を見渡すと女性社員はほとんどが独身だ。「考え方にはそれぞれの経験がひも付いているので、議論や意思決定の場には男女両方がいるべきだ」。そうは思うけれど、現在の職場は時短をはじめ臨機応変に働きやすいとは言い難い。「女性管理職で憧れる人はいますが、両立するために何かを削ったり、割り切ったりしているように見えます」

 入社4年目の時点で「管理職を目指したい」「どちらかというと目指したい」と答えた割合は、男性が82・…

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1866文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです