メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

「足元」からの収穫を仕事へ=俳優・柄本佑さん

柄本佑(えもと・たすく)さん

 保育園の頃は太っていて、友達にすぐのしかかるような乱暴者だったようです。一方で、知らない人にも「たっくん、きょうこんなことがあったの」ってすぐ私的な話をしちゃう。他人との距離が割と近い子だったのかな。

 東京・世田谷の区立小学校には高学年で部活動のようなものがありました。野球とバスケットボールの2択で、俺は野球がやりたかったけど、強豪で、土日に両親も出なきゃいけない感じでした。うちの両親はともに役者。母に「仕事が不定期で他の保護者に迷惑がかかる」と言われ、結局バスケにしました。でも、身は入らなかったですね。

 中学3年の時、理由は分からないけど学校でいじめられていました。「クラス全員対俺」のような構図。体育のサッカーではみんなが俺をゴールにしてシュートを打ってきた。担任が解決に動いてくれたものの、こう言われました。「こんなこと、人生でそんなにないから、楽しく思えるようになったらいいよね」。今は「(指導として)合ってんのか?」って笑っちゃうけど、あの時は「そうですよね」と気持ちが少し楽になりました。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです