メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西村玲子の装い帳

パリひらり エレガンス

 エレガントな下着に憧れていた時期があった。小学生だった娘を連れてパリに行ったとき、小さなブティックのテーブルの上に、美しい下着の数々が重ねて積まれていて、何人もの女性がその中から自分に合うものを丁寧に探していた。

 彼女たちの仕草はいちいちエレガントで、下着の山から目は離せないが、そこにいる人々の動きも気になりだした。うちの娘には将来こんな品のある道を歩むような女性に育ってほしい。あまりにもすてきなものを目の前にして戸惑う私だったが、何とか私と娘の分を選び出す。それだけで疲れてへとへとになった記憶がある。

 パリといえども、そんなエレガント感が薄れたように感じたのは間もなくのこと。なあんて、偉そうに。私たちは旅行者だ。目立たない場所でひっそりと美しく、エレガンスは実行されているに違いない、と踏んだ。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです