メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西村玲子の装い帳

パリひらり エレガンス

 エレガントな下着に憧れていた時期があった。小学生だった娘を連れてパリに行ったとき、小さなブティックのテーブルの上に、美しい下着の数々が重ねて積まれていて、何人もの女性がその中から自分に合うものを丁寧に探していた。

 彼女たちの仕草はいちいちエレガントで、下着の山から目は離せないが、そこにいる人々の動きも気になりだした。うちの娘には将来こんな品のある道を歩むような女性に育ってほしい。あまりにもすてきなものを目の前にして戸惑う私だったが、何とか私と娘の分を選び出す。それだけで疲れてへとへとになった記憶がある。

 パリといえども、そんなエレガント感が薄れたように感じたのは間もなくのこと。なあんて、偉そうに。私た…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文799文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです