メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 埼玉・自然学園中の新入生/5止 仲間と共に歩く

手を取り合う(左から)秀太郎さん、優哉さん、健太さん、海斗さん

 <kyoiku no mado>

 6月21日、埼玉県春日部市のフリースクール「自然学園中学部」の1年生の4人は、入学後初めて一緒に遠出する日を迎えた。行き先は東京・銀座の歌舞伎座。午前9時、集合場所の東武鉄道・春日部駅前で、担任の小川文子先生が心配そうに見守る。健太さん、優哉さん、海斗さん、秀太郎さん(いずれも仮名)は発達障害があり、人の気持ちや場の“空気”を読み取ることが少し苦手。数日前も「あいさつ」を巡ってぎくしゃくした。話し合って解決したけれど、道中、仲良くできるかな……。

 4人は先頭車両に乗り込んだ。鉄道好きの健太さんと優哉さんは、運転席の真後ろに立ち、他の2人と小川先…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. マレーシア、プラごみ日米仏など13カ国に送り返す 不法輸入の3737トン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです