メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

百舌鳥・古市古墳群 世界遺産、決まったけれど 公開・研究、阻む神話

 アゼルバイジャンで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で6日、国内19件目の世界文化遺産登録が正式に決まった百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群(大阪府堺市、羽曳野(はびきの)市、藤井寺市)。構成資産のうち大山(だいせん)古墳(仁徳天皇陵)など主要な古墳が、宮内庁管理の「陵墓(りょうぼ)」という特殊な存在であることから、研究者からは「祝福ムードの陰で、保存管理や名称といった課題が置き去りにされるのでは」と懸念の声も上がる。【花澤茂人、高田房二郎】

 登録への地元の期待は大きい。堺都市政策研究所は経済効果について、堺市では1年で約340億円、大阪府…

この記事は有料記事です。

残り2094文字(全文2383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです