メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災東海

ペット連れ避難、備える 自治体、異なるルール/「苦手」どう配慮

 災害で被災するのは人だけではない。身近で家族同然に愛されているペットも被災し、近年の災害では、動物が苦手な避難者との共存なども課題になっている。ペットを連れた避難のあり方について、関係者は日ごろの訓練や事前検討の重要性を指摘している。【川瀬慎一朗】

「預け先 複数考えて」

 ペットの避難対策に取り組んでいる岐阜市のNPO法人「人と動物の共生センター」によると、近年の災害時の避難所では「ペットフードの支援がなかった」「毛の飛散などで他の避難者とトラブルになった」など、ペットに絡む問題が発生している。

 環境省は東日本大震災で飼い主とはぐれたペットが続出したことを受け、2013年にガイドラインを策定。…

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです