メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大企業もクラウドファンディング 資金集めとアイデア見極め

新しい電動歯ブラシを発表する(左から)ライオン、京セラ、ソニーの各担当者=東京都港区のソニー本社で2019年7月3日午前11時15分、道永竜命撮影

 大企業の間で、インターネットで不特定多数の個人などから出資を募る「クラウドファンディング(CF)」の活用が広まりつつある。CFは、アイデアはあっても資金が乏しいベンチャー企業などが利用するケースが多いが、大企業はCFが消費者のニーズをつかみやすい点に注目。開発資金を確保するとともに、消費者の目で社内のアイデアを「審査」し、開発力の強化を狙う。

 京セラ、ライオン、ソニーの3社は7月3日、共同開発した電動歯ブラシを発表した。本体にスマートフォンなどを接続し、ブラシ部分が歯に当たると口の中から音楽が流れる。歯磨きが嫌いな子供向けに開発した。もともと京セラの担当者が、自分の子供が歯磨き嫌いだったこともあり、自社部品を使って歯ブラシの開発を考えていた。だが、自社での商品化が難しかったため、ソニーの創業支援プログラムに参加。ライオンにも声を掛け、…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです