メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

DeNA、大阪と京都でタクシー配車アプリ開始 関西で外国人客争奪が激化

大阪と京都でタクシー配車アプリを始めたDeNAの中島宏常務執行役員。アプリで呼び出せば無料で乗れるラッピング車(後方)計6台を21日まで運行する=大阪市北区で2019年7月8日午前11時39分、杉山雄飛撮影

 IT大手のディー・エヌ・エー(DeNA)は8日、スマートフォンアプリによるタクシー配車サービスを、新たに大阪府と京都府でスタートした。関西ではすでにタクシー大手・日本交通系のジャパンタクシーのほか、米配車大手の日本法人ウーバージャパン、中国大手「滴滴出行」系のDiDiモビリティジャパンといった外資も参入。大手各社がしのぎを削る全国唯一の激戦区となっている。

 タクシー配車アプリは、利用者がスマホのアプリ上で乗車地点や目的地を入力しタクシーを呼ぶシステム。利…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文717文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 県戦没者追悼式 平和、次世代に 水戸 /茨城

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです