メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「撤回と協議を」と同時に「被害あれば対応」韓国大統領が硬軟発言 日本の輸出規制強化に

関西国際空港に到着した韓国の文在寅大統領=2019年6月27日午後3時56分、小松雄介撮影

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、青瓦台(大統領府)で開いた首席秘書官・補佐官会議で、日本による半導体材料の輸出規制強化について、日本政府に対し「撤回と両国間の誠意ある協議を促す」と発言した。日本政府が1日に方針を発表して以来、文氏がこの問題に直接言及するのは初めて。

 文氏は「外交的解決のために落ち着いて努力していく。対応と、それに対する対応の悪循環は、両国双方にとって決して望ましくない」と述べる一方で、「韓国企業に被害が発生した場合、政府としても必要な対応をしないわけにはいかない」とけん制した。また、今回の日本政府による措置を「互恵的な民間企業間の取引を政治的な目的で制限しようとする動き」と批判。「重要なこと…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです