メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「留学の夢かなえて」難病障害者が支援 自らの経験生かし

母校の留学生支援担当者と打ち合わせをする大西修平さん(左)=東京都江戸川区で2019年6月12日午前10時12分、斎藤文太郎撮影

 障害者の海外留学を支援しようと、ウェブデザイナーで、全身の筋力が徐々に落ちていく難病「筋ジストロフィー(筋ジス)」の大西修平さん(33)=東京都江戸川区=が、インターネット上で相談に応じている。自身が米ハワイの大学に留学した経験があり、障害者を対象として母校への入学手続きも代行する。大西さんは「誰でも留学の夢をかなえられると知ってほしい」と話している。

 大西さんは小学1年の時、筋ジスと診断された。東京都内の公立中学に在学中、「体がいずれ動かなくなっても、外国語を話せればできることの幅が広がる」と考え、英語習得に努めた。高校卒業後の2004年、有償のヘルパーとともにハワイへ渡航した。現地の語学学校に通った後、05年から州立大のコミュニティー・カレッジ(2年制)で学び、教養学の学位を取得して07年に帰国した。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1075文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです