メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「留学の夢かなえて」難病障害者が支援 自らの経験生かし

母校の留学生支援担当者と打ち合わせをする大西修平さん(左)=東京都江戸川区で2019年6月12日午前10時12分、斎藤文太郎撮影

 障害者の海外留学を支援しようと、ウェブデザイナーで、全身の筋力が徐々に落ちていく難病「筋ジストロフィー(筋ジス)」の大西修平さん(33)=東京都江戸川区=が、インターネット上で相談に応じている。自身が米ハワイの大学に留学した経験があり、障害者を対象として母校への入学手続きも代行する。大西さんは「誰でも留学の夢をかなえられると知ってほしい」と話している。

 大西さんは小学1年の時、筋ジスと診断された。東京都内の公立中学に在学中、「体がいずれ動かなくなって…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1075文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです