メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙啓発キャラ「めいすいくん」ご当地バージョンが増殖 原形とどめないものも

めいすいくん

 選挙啓発キャラクター「めいすいくん」のご当地バージョンがじわじわと増え続けている。参院選公示日直前にも長崎県の「龍(じゃ)おどりめいすいくん」と富山県高岡市の「大仏めいすいくん」が仲間入りし、早速、印刷物への掲載などに活用されている。

 めいすいくんは2000年、公益財団法人「明るい選挙推進協会」(明推協)が考案。「明るい」の「明(めい)」と「推進」の「推(すい)」を取って名付けられた。黄色い投票箱をイメージしており、頭部の2本線で投票用紙挿入口を表現。正面からは見えないが、しっぽは南京錠をモチーフにしている。お父さんとお母さん、弟の「ただしくん」と妹の「メイちゃん」もいる。ご当地めいすいくんの制作は、各自治体の選挙管理委員会に任せている。

 秋田県が04年、「県民に関心を持ってもらえるように」と「なまはげめいすいくん」を発案したのが始まり。その後、名所や名物、特産品などとかけ合わせためいすいくんが各地で次々と誕生した。選挙啓発チラシやポケットティッシュなどへの印刷のほか、着ぐるみを作製した自治体もある。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです