メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミミズの筋肉使い「バルブ」作製 理研などのチーム

ミミズの筋肉を使ったバルブの仕組み

 ミミズの筋肉を使って水の流れを止めるバルブを作製したと理化学研究所などのチームが発表した。化学物質をふりかけると筋肉が収縮して栓が閉じる仕組み。理研生命機能科学研究センターの田中陽チームリーダーは「電気を全く使わずに動かせ、生物と機械の融合機器として、人間の体内への埋め込み型医療機器などに応用できるかもしれない」と話している。

 チームは、日本で一般的に見られる「フトミミズ」を輪切りにして、体を覆っている筋肉を縦1センチ、横2センチのシート状に広げた。その上で、押すと水の流れが止まる仕組みのバルブにかぶせるように固定した。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです