大雨避難指示 行動0.6%「自宅でも可」の難しさ 一部避難所に集中も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
避難所となった公民館で大雨の情報を伝えるニュースに見入る近隣住民ら=鹿児島市で2019年7月3日午後6時2分、森園道子撮影
避難所となった公民館で大雨の情報を伝えるニュースに見入る近隣住民ら=鹿児島市で2019年7月3日午後6時2分、森園道子撮影

 九州南部を中心に先月末から降り続いた記録的な大雨を巡っては、気象庁が早くから厳重な警戒を呼び掛け、自治体の迅速な対応につながった。一方で市内全域に避難指示を出した鹿児島市では特定の避難所に人が集中するなど混乱もみられ、避難指示を自治体がどう伝え、それを受けて住民がどう行動するかなど課題も浮かび上がった。

 「8・6水害に匹敵する雨量になる可能性がある。いつどこで同時多発的に土砂災害が起きてもおかしくない。自分や大切な人の命を守る行動をとってほしい」。6月28日の降り始めからの総降水量が年間の約半分にあたる1000ミリを超える恐れがあると判断した鹿児島市の森博幸市長は3日午前9時35分、市内全域の約59万人に避難指示を出し、警戒を呼び掛けた。

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1610文字)

あわせて読みたい

注目の特集