メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「もう限界だった」知的障害長男を監禁の父 家出て万引き 幼子抱え、行政は門前払い

処分保留で釈放された後、「取り返しのつかないことをした」と語る父親=大阪市平野区で2019年7月5日午後5時11分、土田暁彦撮影

 「取り返しのつかないことをした」。大阪市平野区の自宅で、重度の知的障害がある長男(22)を閉じ込めたとして、監禁の疑いで逮捕された父親(45)が、そう悔やんだ。ただ長男の世話の負担は家族にとって重く、釈放された父親は取材に「もう限界だった」とも打ち明けた。以前、両親が市に相談していた経緯もあり、福祉関係者らは「行政がもっと積極的に動いていれば」と、やりきれない思いを抱えている。

 父親は今年4月に長男を自宅3階の部屋に閉じ込めたとして、妻(41)とともに6月、大阪府警に逮捕された。この一家では、中度の知的障害のある長女(23)=鑑定留置中=が弟の三男(3)を踏みつけて死亡させたとして、殺人容疑で逮捕される事件があり、その捜査の過程で監禁が発覚。両親は容疑を認め、今月4日、処分保留で釈放された。長男が閉じ込められた部屋には外側から鍵が付けられており、照明器具はなく、排せつ用…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1237文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです