メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

メラニア米大統領夫人の「似てない」彫像、故郷スロベニアで公開

[PR]

 メラニア・トランプ米大統領夫人の等身大の彫刻が5日、故郷であるスロベニア南東部のセブニツァの近く、サバ川のほとりの野原で公開された(2019年 ロイター/Borut Zivulovic)

 [ROZNO(スロベニア) 5日 ロイター] - メラニア・トランプ米大統領夫人の等身大の彫刻が5日、故郷であるスロベニア南東部のセブニツァの近く、サバ川のほとりの野原で公開された。

     ドイツを拠点とする米国人芸術家ブラッド・ダウニーさんの依頼で、地元の民俗芸術家アレシュ・ジュペウツさんがチェーンソーで彫った。セイヨウシナノキの幹から素朴な姿が彫り取られており、本物に似せようという意図は感じられない。

     顔は荒削りで見分けがつかないが、服の部分は、トランプ大統領の就任式で夫人が着ていた水色に塗られている。

     ダウニーさんは、移民や難民に対し厳しい姿勢を取っている同大統領と結婚した移民のメラニア夫人の立場を強調したいと述べた。

     作者のジュペウツさんは、メラニア夫人と同じ月に同じ病院で生まれたという。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

    2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

    3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

    4. 元警部銃撃 工藤会トップら2人に2審も賠償命令 初の高裁判決

    5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです