メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

放置プレイはNG! クルマを長期間動かさない人が「最低限」行うべきこと4つ

情報提供:カートップ

放置プレイはNG! クルマを長期間動かさない人が「最低限」行うべきこと4つ

長期間動かさないとタイヤが変形する!

 通勤や買い物など、普段から足として使っていればいいが、あまり頻繁にクルマに乗らないという人も少なくないはず。サンデードライバー程度は問題ないにしても、趣味のクルマや単身赴任で愛車はそのまま置いていくという人もいるだろう。

 最近のクルマは少々放置してもなにごともなかったかのようにエンジンはかかるが、放置することでのトラブルはないのだろうか? 注意すべきポイントを見ていこう。

1)タイヤ

 まず、問題になるのがタイヤ。放置すると同じ場所に力がかかり続けるので、そこだけ平らになってしまう、いわゆるフラットスポットができてしまう。そうなると元には戻らないので、4本とも交換ということに。無理して乗っても、振動がすごくて乗れたものではないだろう。

 ちなみに、厳密にはハブベアリングにも同じことが言える。

不動車

 対策としては、空気圧を高めにしておくのと、定期的に少しでもいいから動かして、一定の場所に力がかからないようにする。

2)ガソリン

 そしてもうひとつ重大なのが、ガソリンが腐ってしまうことだ。ガソリンが腐ること自体意外に思うかもしれないが、半年ぐらいから劣化が始まると思っていい。腐るといっても実際は酸化して酢酸などに変質するので、色は緑色になって、強烈ななんとも言えない刺激臭がする。

不動車

 対策としては、定期的に給油するしかない。少々の劣化ならエンジンはかかるので(アイドリングでの振動がひどかったりするが)、新しいガソリンを入れてやる。入れると元には戻るので、あとはできるだけ走ってタンク内のガソリンを使うようにする。このように完全に腐りさえしなければ復活させるのは簡単ではある。

 ただし、完全に腐ってしまうとインジェクションに変質物が溜まって始動困難になってしまう。その場合は分解したり、新品への交換などかなり手間はかかるので、やはり完全に腐らせないようにしたい。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  2. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです