香港

逃亡犯条例「改正案 審議せず」 行政長官、改めて強調

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 香港政府トップの林鄭月娥(りんていげつが)行政長官は9日午前、記者会見し、反対運動が大規模化している「逃亡犯条例」改正案について、「(提案は)完全に失敗だった」と非を認めた。さらに「改正案はすでに死んだ」と述べ、今後は立法会(議会)で審議されることはないと改めて強調した。

 林鄭氏は「対立の原因は改正案を提出したことにある」と明言し、「立法会で…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集