メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

自分の名前に訂正印=小国綾子

大学生ら参加者に、夫婦別姓をめぐる体験談を語る小国綾子記者=梶山玉香さん撮影

 ごめん--。思わず、心でうめいた。今まで社会を変えられずにきた自分たちを恥じた。

 同志社大法学部の大学生らを前に「夫婦別姓」をテーマに講演したときのこと。質疑応答で、参加者の若い女性が挙手してくれた。結婚したばかり。結婚前、夫は「僕が姓を変える」と言ったが、親類の反発を受け、断念。結局、彼女の方が自分の姓を手放した。

 「通帳などの名義変更で、大切な自分の名字にバッテンをつけられ、修正された。とても苦しかった」。感情がこみ上げるのを何度も押し殺し、冷静さを懸命に保とうと語る姿に、私の方が泣きそうになった。

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです