メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚生労働白書

治療で仕事困難、6割超 両立へ対策強化 18年版

 根本匠厚生労働相は9日の閣議に、2018年版厚生労働白書を報告した。障害や病気治療と仕事の両立に関する意識調査で「仕事との両立は困難だ」とする回答が、当事者の6割超に上るとの結果を盛り込んだ。厚労省は、両立支援に取り組む企業に対する支援など対策を強化する。

 「自立支援に関する意識調査」で昨年2月に実施。(1)障害や病気のある人(2)障害や病気のある人が身近にいる人(3)それ以外--に分類し、それぞれ20~64歳の男女1000人が回答した。

 (1)のうち、「治療と仕事の両立や障害を抱えながら仕事をすることが困難だ」と答えたのは66・3%。…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  2. 75歳以上「2割」22年度から 医療費負担、低所得者は1割維持

  3. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  4. 新潟女児殺害 小林被告に無期懲役 地裁判決

  5. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです