メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特製タピオカ

高校生が考案 南相馬のカフェで販売 /福島

「オムスビタピオカ」を手に写真撮影する、開発に携わった高校生と森山貴士代表理事(右端)、蒔田志保さん(右から4人目)=福島県南相馬市小高区のオダカ・マイクロ・スタンド・バーで

 東京電力福島第1原発事故に伴い一時全域が避難区域になった南相馬市小高区のカフェ「オダカ・マイクロ・スタンド・バー」(略称・オムスビ)は、特製のタピオカドリンク「オムスビタピオカ」の販売を始めた。地元で2年前に開校した県立小高産業技術高校の生徒が発案した。

 カフェは、一般社団法人「オムスビ」(森山貴士代表理事)が昨年6月にオープン。同12月のインターンシップ…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです