メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川上村柏木地区

時忘れ歩く 大正・昭和のたたずまい 21日にイベント /奈良

大正時代に改築した建物がそのまま残る老舗旅館「朝日館」=兵庫県川上村柏木で、萱原健一撮影

 川上村東部の中心地で、かつては大峰山への修験宿が立ち並ぶ宿場町として栄えた「柏木」地区を歩く「ノスタルジックまち歩き~柏木をめぐる」が21日にある。谷崎潤一郎の『吉野葛』にも「柏木に至って一泊」と出てくる地区。大正・昭和で時が止まったような柏木で一日、時間を忘れて過ごしませんか--。【萱原健一】

 「森と水の源流館」(同村迫)の主催。午前9時半に柏木バス停横の村井商店前に集合。同商店で買い物などをした後、地元の木工名人の工房を見学し、喫茶「秀」で名水コーヒーを味わう予定。

 見どころは、1881(明治14)年創業…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  2. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  3. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  4. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

  5. 特集ワイド 北朝鮮、コロナ禍で金王朝に異変? トップ女優、謎の復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです