メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
教えて!ひろたに弁護士

/44 勤務中禁煙に違反、解雇は不当? 重すぎる処分、無効の可能性 /和歌山

え・菅沼丈二さん(和歌山市立和歌山高校3年)

 <教えて!ひろたに弁護士(せんせい)>

 Q 「喫煙者不採用」を掲げる企業に入社しました。募集要項には「就業時間中は、移動先も含め喫煙禁止」と書かれています。しかし、仕事を始めて1年がたち、ストレスなどから訪問先の喫煙所でたばこを吸ってしまいました。たまたま上司に見付かり、「募集要項に違反したので解雇だ」と言われました。嗜好品(しこうひん)を規制して解雇することは不当ではないでしょうか。

 A 雇用関係において従業員が企業の秩序を侵害した場合、使用者は一定の処分を行うことができます。これ…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1063文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  5. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです