メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生の道標

西日本豪雨1年 あなたの思いと生き 西予の理容師、息子と店に 夫病死「災害なければ」 /愛媛

長男宙さん(左)の理髪店で働く兵頭千恵さん(中央)。なじみの客の散髪を終え、「また来てね」と笑顔を見せた=愛媛県西予市野村町地区で2019年6月14日、中川祐一撮影

 西日本豪雨で県内に甚大な被害が出てから7日で1年が過ぎた。当時の痕跡が残ったままの被災地には、愛する人や古里を失い、心の傷を抱え続けている人々が多くいる。自宅の再建、壊れた地域社会の再生、経済の復興--。課題は山積しているが、それでも一歩ずつ前に進もうとしている。【中川祐一】

 ダムの緊急放流後に肱川(ひじかわ)が氾濫し、5人が死亡した西予市野村町地区の理容師、兵頭千恵さん(65)は浸水で理髪店を兼ねた自宅が全壊し、1カ月後に夫幸治(こうじ)さんも病気で亡くした。「災害さえなければ今も生きていたはず」。今もそんな思いを抱えながら、前を向こうとハサミを握る。

 大柄な体にパーマをかけた髪、口ひげ、色つきのメガネ--。千恵さんが暮らす仮設住宅には若かりし日の幸…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです