メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イランに追加制裁へ ウラン濃縮上限超え イラン「20%以上も」

 イラン原子力庁報道官は8日、ウラン濃縮度が約4・5%に達したと共同通信の取材に明らかにした。合意履行停止の第3段階として、20%以上に高めることも選択肢だと述べた。原子力庁によると、20%超の濃縮を実行すれば過去最高の濃縮度となる。技術的に核兵器級の90%の高濃縮ウラン製造が容易になるため、国際社会の反発は必至だ。

 報道官は、ウラン濃縮に使う遠心分離機の稼働数を増やすことも考えられると述べた。トランプ米政権は7日、対イラン制裁強化の方針を表明したが、イランは圧力に屈しない姿勢を示した。濃縮度4・5%は原発燃料並み。イランは既に20%の濃縮技術を持つ。

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです