メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手県立博物館

文化財無断切り取り 5932点調査 重文は76点 県教委

 岩手県立博物館(盛岡市)の赤沼英男上席専門学芸員が金属製の文化財を無断で切り取っていた問題で、県教育委員会は8日に記者会見し、同館が預かった金属製の文化財が記録の残る2004~18年度の間に計5932点に上ることを明らかにし、すべての文化財について無断切り取りの有無を調査する方針を示した。重要文化財は10遺跡で計76点に及び、優先的に調べるという。

 無断切り取りの問題は6月、毎日新聞の報道で発覚した。同館は各地の自治体などから、金属製の文化財を長く保存するための特殊な処理を依頼されていたが、やむを得ない場合に限り所有者の了承を得て一部を切り取る「サンプリング」を無断で繰り返していた。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子は九州学院、女子は千原台が優勝 高校駅伝・熊本予選

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです