メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国会議員所得

上位9人自民 平均2657万円

 衆参両院は8日、国会議員の2018年分の所得に関する報告書を公開した。対象は698人。1人当たりの平均所得は2657万円で、前回17年分の公開時より245万円増えた。02年分の2693万円以来、16年ぶりの高額。首位の鳩山二郎自民党衆院議員が17億4490万円と突出し、平均を押し上げた。前回トップの逢沢一郎衆院議員が3位(3億1166万円)に入るなど上位9人は自民党が占めた。鳩山氏を除いた平均は前回と同水準。

 鳩山氏は故鳩山邦夫元総務相の次男。所得総額のうち、非上場企業の株式売却益が16億5520万円を占めた。2位の元栄太一郎参院議員も自身が会長を務める会社の株式売却による所得が大きく、総額は4億9998万円。3位の逢沢氏も親族が経営する企業の株式売却で2億751万円を得た。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです