メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

米イラン対立の行方 一橋大学国際・公共政策大学院長 秋山信将氏

一橋大学国際・公共政策大学院長 秋山信将氏

 米国とイランの対立激化が止まらない。トランプ米政権は2015年のイラン核合意=1=から離脱し制裁を復活、イランが日本など友好国を攻撃したとして軍事報復も辞さない構えだ。イランも「領空侵犯」を理由に米軍無人偵察機を撃墜した。両国は軍事衝突を回避できるのか。核不拡散の専門家で両国当局者も知る秋山信将一橋大学国際・公共政策大学院長(51)に聞いた。【聞き手・和田浩明】

この記事は有料記事です。

残り2821文字(全文3004文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです