メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

香港「逃亡犯条例」改正案 反対運動1カ月 縮む自由、若者焦り 議会占拠「デモでは変えられない」

立法会の建物内になだれ込んだ大勢の若者たち=2019年7月1日午後10時2分、福岡静哉撮影

 香港で起きた「逃亡犯条例」改正案を巡る反対運動が大規模化して9日で1カ月となる。この間、若者の一部が立法会(議会)を占拠する過激な行為に出たことから、世論の支持を失うかに思えた。だが市民の多くが若者らに同情し、デモは収束する様子がない。幅広い市民が募らせてきた強烈な不満の背景に「1国2制度」に伴う矛盾がある。

 「立法会に突入しても得られるものはない。当初は若者の行動に賛成できなかった。ただ平和的なデモでは何…

この記事は有料記事です。

残り2203文字(全文2409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです