メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

香港「逃亡犯条例」改正案 反対運動1カ月 縮む自由、若者焦り 議会占拠「デモでは変えられない」

立法会の建物内になだれ込んだ大勢の若者たち=2019年7月1日午後10時2分、福岡静哉撮影

 香港で起きた「逃亡犯条例」改正案を巡る反対運動が大規模化して9日で1カ月となる。この間、若者の一部が立法会(議会)を占拠する過激な行為に出たことから、世論の支持を失うかに思えた。だが市民の多くが若者らに同情し、デモは収束する様子がない。幅広い市民が募らせてきた強烈な不満の背景に「1国2制度」に伴う矛盾がある。

 「立法会に突入しても得られるものはない。当初は若者の行動に賛成できなかった。ただ平和的なデモでは何も変えられない」

この記事は有料記事です。

残り2195文字(全文2409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです