メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・ライフスタイル

失われる塩分 料理で補給

塩昆布を使った冷やし茶漬け(左)とスイカの緑あえ

 各地で蒸し暑い日々が続いている。こまめな水分補給を心がけたい季節だが、汗と一緒に失われる塩分を補うことも大切だ。管理栄養士で医学博士の本多京子さんに、手軽に作れる料理や飲み物を聞いた。

 ●こまめに水分摂取

 気温や室温が上がっても、人は汗をかくことで体温を一定に保つことができる。このため、本多さんは「汗は体のクーラー」と表現するが、汗として排出された水分を補う必要がある。普段の生活でも、成人は1日1~1・5リットルの飲料水を必要とする。スポーツなどで多くの汗をかく場合は、より多くの水分摂取が欠かせない。また、高齢者は、のどの渇きを認識しづらくなるため、意識的に水分を取りたい。本多さんは「塩分と糖分を含む飲み物は水分が吸収されやすい」と話す。

 また、汗には水分だけでなく、塩分やカリウムなどのミネラルも含まれる。多い時は汗だけで1日に15~3…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1499文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです