メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 「話せる場」作って自殺予防 立命館大が教育プログラム開発

GRIPの感情表現ゲームで使うカード「KINO(キノ)」

 立命館大総合心理学部の川野健治教授を中心とした研究グループが、子供の自殺予防教育プログラム「GRIP(グリップ)」を開発した。従来の命の大切さを伝える授業と異なり、学校や学級など「集団での援助」を目指すプログラムとなっている。

 ●本人は打ち明けにくい

 厚生労働省の調査によると、国内の全体の自殺者数は2010年以降減少傾向だが、19歳以下の若者に限ると、16年を底に増加傾向に転じ、昨年1年間では599人だった。

 若者の自殺予防対策を講じる上で難しい点は、本人が周囲になかなか悩みを打ち明けられないことがある。つらい気持ちを受け止め、耳を傾けてくれる人の存在も重要だ。川野教授は「子供同士や大人との間で相談できる環境を作るほか、相談に乗れる力を持っていることに気付かせるのも大切だ」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1511文字(全文1857文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです