メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャニー喜多川社長

7月9日に死去 ジャニーズ事務所が発表

[PR]

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が7月9日午後4時47分、東京都内の病院で死去したことが同日、分かった。同事務所がファクスで発表した。死因は解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂による、くも膜下出血。87歳だった。

     ジャニー喜多川社長は6月18日午前11時半ごろ、自宅で体調の異変を訴え、病院に向かおうとしていたところ、意識を失い、緊急搬送された。搬送後、集中治療室での救命措置により、一般病棟に移ることができ、同事務所の所属タレントたちとの面会を果たしていた。

     同事務所は「ジャニーは病に倒れる直前まで、劇場やスタジオに赴く日々を過ごしておりました。特に公演を目前に控えたJr.たちに、連日、熱心に指導する姿はジャニーのプロデューサー人生そのものであり、まさに生涯プロデューサーとしての人生を全ういたしました」と記している。通夜・告別式については、所属タレントらのみで家族葬を執り行う予定。

     ジャニー喜多川社長は1962年、ジャニーズ事務所を設立。これまで数多くの人気タレントを生み出してきた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

    2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

    3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

    4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

    5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです