メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保険料二重払2万件超 かんぽ生命 解約遅らせた疑い 金融庁処分検討

かんぽ生命のロゴ=日本郵政提供

 かんぽ生命保険は9日、顧客が保険を乗り換える際に、新旧の保険料を6カ月以上二重払いさせた事例が約2万2000件あったことを明らかにした。社内規定で、顧客が新規契約後6カ月以上経過して旧契約を解約した場合、販売した郵便局員の手当が増額されるため、意図的に解約を遅らせた疑いがある。かんぽ生命が6月に発表した、顧客に不利益が生じた乗り換え契約2万3900件とは別で、不適切な契約が拡大している。金融庁も、顧客本位でない不適切な販売が行われたとみて、業務改善命令などの処分を検討している。

 かんぽ生命によると、2016年4月~18年12月の新規契約のうち、保険料の二重払いが発生したのは、…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文785文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです