メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白くて丸いトルコナス出荷 柔らかくねっとり 神奈川・茅ケ崎

出荷されるトルコナスと清水さん

 白くて丸みを帯びた「トルコナス」の出荷が神奈川県茅ケ崎市で始まっている。生産者は若手の4人で、昨年は全国で最も多い十数トンを出荷した。皮が柔らかく、茅ケ崎の新ブランドとしてアピールするため、今年から「茅ケ崎生まれのトルコナス」のシールを添付して9月上旬まで出荷を続ける。

 同市中島の清水俊朗さんが生産を始めたのは2016年。トルコナスと、しま模様のゼブラナスを作付けした。ゼブラナスを中心に生産したが、市場は「トルコナスは皮が柔らかく、ねっとりしていて食感がいい」という反応で、翌年からはトルコナスに絞って生産するようになった。清水さんは「葉がぶつかって皮に傷が付かないように、枝の間隔を広げるなどの工夫をしている」と話す。

 トルコナスは家庭菜園など個人の趣味用に開発された品種とされ、他地域ではまだ大量生産されていない珍しい野菜。茅ケ崎が全国でも唯一、本格生産している。畑を通りかかった際に、白く大きな実を見て珍しがる人もいる。

 茅ケ崎の新ブランド野菜に成長させるため、今年は商品の袋に張るシールも作った。市特別観光大使でゆるキャラの「えぼし麻呂」とトルコナスをあしらったデザインで、生産者とJAさがみ、市の職員が考えた。スーパーなどの店頭に並べる際にトルコナスを包んだ袋などに張られ、茅ケ崎と新野菜をアピールして人気を高めたい考えだ。【渡辺明博】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです