特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

リュウグウへの2回目の着陸11日午前10時すぎに JAXAが挑戦を正式決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、探査機「はやぶさ2」が予定通り11日に小惑星リュウグウへの2回目の着陸に挑むと発表した。10日午前11時ごろから降下を開始する。今回は、はやぶさ2が今年4月に作った人工クレーター近くへの着陸を計画しており、クレーターができた際の噴出物を採取できれば世界初の快挙となる。計画によると、着陸は11日午前10時5〜45分ごろになるという。

 はやぶさ2は今年2月に1回目の着陸に成功し、表面の物質も採取できたとみられている。4月には世界初の小惑星へのクレーター生成を成功させ、直径約10メートルという大きなクレーターが作られたほか、クレーター周辺にはリュウグウの地下にあった物質が積もっているとみられることも確認された。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文548文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集