メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブランケットかぶりウトウト 活力充電 オフィス昼寝プロジェクト拡大

ブランケットをかぶって昼寝をする社員=福岡市中央区で2019年5月29日午後4時5分、金澤稔撮影

 福岡市で職場での昼寝を取り入れる企業が増えている。市が寝具メーカー大手の西川(東京都)と共同で、昼寝を「チャージ」と捉えて推奨するプロジェクトを始めたところ150社以上が参加し、なお拡大中だ。自治体と企業が協力し、昼寝を通じて仕事の効率向上や健康づくりを目指す全国初の取り組みに注目が集まっている。

 プロジェクトは市が5月末に始めた「#PowerNap(ハッシュパワーナップ)」。パワーナップは、パワーアップと短時間の昼寝を意味するナップを合わせた造語。職場の休憩時間などを使った昼寝を、サボりでなく充電と前向きに捉える意識改革を目指す。

 西川によると、体温が下がり始める午後の眠気は体の自然なリズム。15~20分の昼寝を取ることで、眠気や疲労の回復、作業効率の向上が期待できる。一方で20分を超えると、頭がぼーっとしたり、夜の睡眠の質の低下を招いたりする可能性があり、適度な取り方がポイントという。

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです