なぜ消費増税で一部の駄菓子が税率10%に? メーカー憤り プロ野球チップスも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ツイッターに駄菓子店が投稿し、反響が大きかった投稿。税率10%と8%の商品の違いは見極めづらい=日本一のだがし売場/シカダ駄菓子岡山店の公式アカウント(@dagashi_okayama)から引用
ツイッターに駄菓子店が投稿し、反響が大きかった投稿。税率10%と8%の商品の違いは見極めづらい=日本一のだがし売場/シカダ駄菓子岡山店の公式アカウント(@dagashi_okayama)から引用

 今も昔も手ごろな値段で子どもたちを楽しませている駄菓子。しかし、10月に迫った消費税増税と軽減税率の導入で、思わぬ逆風が吹いているという。食品は軽減税率が適用されて税率8%のままのはずだが、一部の駄菓子は10%になるからだ。線引きは難しく、店頭での混乱を避けるために10%の菓子の撤去を検討する小売店も出始めたといい、「税率を一本化してほしい」と憤るメーカーも。なぜ、このようなことが起こっているのか。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 「『なぜこれが8%なのに、これは10%なのか』と客に聞かれても、店員は複雑すぎて答えられない。10月以降のそうしたトラブルを見越して『10%のお菓子はもう置かない』と話す小売店も出てきた」。大阪府内で約90年の歴史を持つ老舗駄菓子メーカーの男性取締役はため息をついた。

この記事は有料記事です。

残り2417文字(全文2773文字)

あわせて読みたい

注目の特集