メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口・周南5人殺害 火災や遺体発見で混乱した現場 避難させていれば……

一部がブルーシートで覆われたままの保見光成被告の家=山口県周南市金峰で、平塚裕介撮影

 事件は8世帯12人が暮らしていた山深い集落を恐怖に陥れた。

 6年前の7月21日夜、郷集落の貞森誠さん(当時71歳)と喜代子さん(同72歳)夫妻の住宅と、約60メートル離れた山本ミヤ子さん(同79歳)宅が全焼。焼け跡から、夫妻と山本さんが遺体で見つかった。

 さらに翌22日、河村聡子さんと石村文人さん(同80歳)が、それぞれ自宅で殺害されているのが見つかった。1、2審判決では、保見被告は貞森さんら3人を殺して家に火を放った後、2人も襲って殺害したと認定された。

 保見被告は最初の3人を殺害後、山中などで潜伏してから河村さんを襲ったとみられている。山口県警は3人…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです