メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「患者の声聞いて」難病患者障害年金訴訟初弁論 国は争う方針 東京地裁

東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で2019年5月10日、米田堅持撮影

 難病「慢性疲労症候群(CFS)」患者の宇都宮市の女性が、国に障害年金不支給処分の取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、東京地裁(清水知恵子裁判長)であり、国は争う方針を示した。女性は意見陳述し、「苦しんでいる患者の声を聞いてほしい」と求めた。

 訴状などによると、患者の網美帆子さん(45)は2…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 柵なく、警備員1人で誘導 マンホールから頭出し車接触、男性死亡 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです