メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「患者の声聞いて」難病患者障害年金訴訟初弁論 国は争う方針 東京地裁

東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で2019年5月10日、米田堅持撮影

 難病「慢性疲労症候群(CFS)」患者の宇都宮市の女性が、国に障害年金不支給処分の取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、東京地裁(清水知恵子裁判長)であり、国は争う方針を示した。女性は意見陳述し、「苦しんでいる患者の声を聞いてほしい」と求めた。

 訴状などによると、患者の網美帆子さん(45)は2…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです