テロ対策施設の準備工事で重機が宙づりに けが人なし 柏崎刈羽原発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アーム部分を地面につけて安定させた天地逆さまの重機=東京電力提供
アーム部分を地面につけて安定させた天地逆さまの重機=東京電力提供

 東京電力は9日、柏崎刈羽原発(新潟県)で、テロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特定施設)の準備工事のため、クレーンで地下に掘削用の重機(約15トン)をつり下ろす作業をしていたところ、重機が反転して宙づりになったと発表した。けが人はない。燃料タンクから軽油約20リットルが漏れたが放射性物質は含まれておらず、外部への漏えい…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

あわせて読みたい

ニュース特集