メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我慢の勝利 相手のミス誘う安定感 錦織2年連続8強 ウィンブルドン

ベスト8進出を決めた錦織圭=2019年7月8日、AP

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第7日は8日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス4回戦で第8シードの錦織圭(日清食品)が世界ランキング58位のミハイル・ククシュキン(カザフスタン)を6―3、3―6、6―3、6―4で降し、2年連続2回目の8強入りを果たした。

 錦織は10日予定の準々決勝で、4大大会最多20回優勝で第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)と対戦。同種目の日本勢で1933年の佐藤次郎以来、86年ぶりの4強入りを目指す。

 女子シングルス4回戦で第6シードのペトラ・クビトバ(チェコ)が逆転負けし、上位6シードまでが姿を消…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. ORICON NEWS ノンスタ石田、ロンブー亮から引き継ぎ『おかべろ』2代目店長 岡村隆史が全幅の信頼「感覚が合う」

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです