メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鶴竜、朝乃山を肩すかしで降す 栃ノ心は3連敗 大相撲名古屋場所3日目

栃ノ心(右)を上手出し投げで破る竜電=ドルフィンズアリーナで2019年7月9日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所3日目は9日、名古屋市のドルフィンズアリーナで行われ、両横綱が3連勝とした。白鵬は北勝富士の突き押しをしのいでつかまえ、上手ひねりで土俵にはわせた。鶴竜は夏場所で優勝した平幕・朝乃山を肩すかしで降した。

 関脇に陥落した夏場所で10勝し大関に復帰した栃ノ心は、新小結・竜電の上手出し投げに屈して3連敗。竜電は前日の高安に続き、大関を連破した。豪栄道と高安は2勝目を挙げた。

 関取最軽量99キロの炎鵬は、琴勇輝に勝ち3連勝。元関脇で関取最年長40歳の十両・安美錦が、右膝の負傷で休場した。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いっそ営業禁止と言ってほしい」人影途絶えた歌舞伎町 風俗業界も深刻

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです