メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竜電、連日の大関撃破「正直うれしいです」 大相撲名古屋場所3日目

栃ノ心(手前)を上手出し投げで破る竜電=ドルフィンズアリーナで2019年7月9日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所3日目は9日、名古屋市のドルフィンズアリーナで行われ、両横綱が3連勝とした。白鵬は激しく攻め込んだ北勝富士を上手ひねりで土俵にはわせた。鶴竜は夏場所で優勝した平幕・朝乃山を肩すかしで降した。

 関脇に陥落した夏場所で10勝し大関に復帰した栃ノ心は、新小結・竜電の上手出し投げに屈し3連敗。竜電は前日の高安に続き、大関を連破した。豪栄道と高安は2勝目を挙げた。

 関取最軽量99キロの炎鵬は、琴勇輝に勝ち3連勝。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです