メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4強進出目指す錦織、フェデラーと対戦へ ウィンブルドン

2年連続で4強入りしたセリーナ・ウィリアムズ=AP

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第8日は9日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス準々決勝は第7シードで元世界ランキング1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が世界50位の張帥(中国)を7―6、6―1で降し、5年ぶりの4強入り。第11シードで4大大会23勝のセリーナ・ウィリアムズ(米国)は世界55位のアリソン・リスク(米国)に6―4、4―6、6―3で勝ち、2年連続…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです