メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毎日フォーラム・議員提案

愛知県常滑市議・井上恭子

井上恭子氏

コミュニティー活動が政治の原点であり生命力

 「まちの活性化、住みよいまちを目指して」ということで、当初行政からの依頼で始めたコミュニティー活動が今年31年目になりました。その間、歴史あるまちの活性化を目指した尾張大野古今散策というイベント、橋の欄干のデザイン、地図づくりなどを行ってきました。

 しかし、ある日突然、橋が太鼓橋になったり海が港になったりと、住民不在の計画が進められてきました。このことを訴えるすべもなく、また決定権の場に女性がいないことにも違和感を持ちました。これをきっかけに市議に挑戦したわけですが、このコミュニティー活動が後になって政治の原点であることを認識することになります。

 市議になれば情報も入り、何とか市民のための活動ができると思いましたが、入ってみると質問をする議員が…

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1290文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです