メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・議員提案

愛知県常滑市議・井上恭子

井上恭子氏

コミュニティー活動が政治の原点であり生命力

 「まちの活性化、住みよいまちを目指して」ということで、当初行政からの依頼で始めたコミュニティー活動が今年31年目になりました。その間、歴史あるまちの活性化を目指した尾張大野古今散策というイベント、橋の欄干のデザイン、地図づくりなどを行ってきました。

 しかし、ある日突然、橋が太鼓橋になったり海が港になったりと、住民不在の計画が進められてきました。このことを訴えるすべもなく、また決定権の場に女性がいないことにも違和感を持ちました。これをきっかけに市議に挑戦したわけですが、このコミュニティー活動が後になって政治の原点であることを認識することになります。

 市議になれば情報も入り、何とか市民のための活動ができると思いましたが、入ってみると質問をする議員が少なく、議会ではなくてはならない議員間討論もなく、二元代表制であるにもかかわらず、行政の追認機関としての会派での活動重視で「議員チーム」としての活動がなされていませんでした。

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです